東住吉区のホームページ制作サービス

 

 レスポンシブWebデザインのメリットとデメリット



【メリット】

レスポンシブWebデザインとは、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、異なる画面サイズの幅を基準にWebサイト表示を柔軟に調整し、 見やすく最適な表示にすることを指します

パソコンサイト、スマートフォンサイトで情報が異なることは基本的にはありません

一つのHTML又はCSSファイルで作成してあるため、更新・変更が楽です(管理者の立場として)

【デメリット】

すでにパソコンサイトが完成している場合、レスポンシブ化が難しい
デザイン面では見劣りすることもある

レスポンシブの手法は、パソコン向け・スマホ向けの両立を考えながらサイトを組んでいくため、 デザイン性の高いサイトや最新の機能を駆使したサイトを制作したい場合には不向きです

この場合は、パソコン向け、スマホ向けに別々に制作した方が良い場合もあります。

それぞれのデバイス(パソコンorスマートフォン)で表示させるページを1つのHTMLで制作するため、読み込みの際にそのデバイスには必要ない要素も読み込んでしまい、 ブラウザに無駄な処理が生まれてきます
対処方法としては無駄に高画質な画像を使用しない等の考慮をする必要があります

IE8(インターネットエクスプローラー)以前の古いブラウザをサポートできない
レスポンシブの手法で必須となるメディアクエリはCSS3から新しく採用された技術です

IE8以前の一部の古いブラウザはCSS3に未対応なので、メディアクエリは動作せず、Webサイトを正しく表示させることができません

これらの古いブラウザへの対応策として、HTML5やCSS3に対応させるjavascriptを利用することで、ある程度は対策できます

当サイトのレスポンシブではjavascriptを使用してIE9に対応させています


 
Copyright © 2019 -MYU- All rights reserved.